おはなしきいて。

大好きな猫と雑貨と手芸と絵本のこと

<< またSale | main | よるくま >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
カゴメ劇場2006
カゴメが毎年行っているカゴメ劇場2006に行ってきた。
今年は3びきのこぶた
ショー好きの娘なので何日も前から「3びきのこぶた観に行くの。」っとしつこい。

ところがいざ始まるとっと言うか始まる前の着ぐるみが出てきて観る時のお約束を説明しだしたところから「こわい。観ない。」を連発。
割と良い席が当たって前の方だったのも災いしたのか、おばあちゃんに抱きついて舞台の方を見ようともしない。
仕方がないので後ろの方の空いている席に移動出来ないかと係員に声をかけると「そう言う人の為にファミリー席がありますよ。」っとのこと。
案内してくれた席は客席一階の一番後ろにあたる、ガラスで仕切られた小部屋。
ガラス越しに舞台が観れるようになっていて、音声はスピーカーから流れてくる。
何だかTVを観ているような感じなので娘も大丈夫のようだ。

第一部のげんきに「いただきます」がいえるかな?をその小部屋でのんびりと見て、しばらくの休憩をはさんで第二部の3びきのこぶたを観るはずだったのだが、休憩中に授乳をされる方が使うという事で部屋を追い出されてしまった。
娘が元の席に戻って観るのは嫌っと言うので、結局3びきのこぶたはまったく観ずに帰ることに。
出口でお土産を頂いて帰った。

風邪を引いて調子が悪かったのに、娘が楽しみにしていたので出かけたのだが、こんなことなら行かなければ良かったっと思えてくる。
8月のしまじろうの公演も席が前の方なので非常に不安になってきた。
やめるべきだろうか。

娘の怖がりも一段と増してきて、ちょっとした物音にも「何の音?」っとおびえる。
「暗くて怖いから一緒に行って。」っと一人で手を洗いにも行けなくなって来た。
怖がりなところまで私に似なくても良かったのに。


カゴメ劇場ホームページ
毎年、全国主要都市での公演への招待と前年公演のDVDプレゼントを行っている。
| お出掛け | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://ohanashikiite.jugem.jp/trackback/48

このページの先頭へ