おはなしきいて。

大好きな猫と雑貨と手芸と絵本のこと

<< ラチとらいおん | main | あなたってほんとうにしあわせね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
さんぽのしるし
これも幼稚園で薦められた絵本。
五味さんの絵本だったが、これは読んだことがなかった。
裸にネクタイのウサギさんが出掛けた先で見つけるしるし
しるしの先にはちゃんとそれがある。
しるしを見落とすと大変。

娘は幼稚園で読んでもらったことがあるらしく、このしるしは○○と教えてくれる。
たまに正解。
「わからなーい」もある。

お散歩に出かけて見かけるしるしはこんなにかわいくないけど、散歩中にしるしを探して歩くのも楽しいかも。
実践できる絵本なのか。
もうすぐ遠足。
しるしを見ながら歩くか。
(娘 4歳4ヶ月)

さんぽのしるし
作・絵:五味 太郎

うさぎは野原で、階段や橋や坂の標識(しるし)にであいます。
それをたどってゆくと……。
言葉を超えた標識のもつおもしろさを味わってみてください。

| 絵本(五味太郎) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://ohanashikiite.jugem.jp/trackback/253

このページの先頭へ