おはなしきいて。

大好きな猫と雑貨と手芸と絵本のこと

<< ゆめフェスタ2007 | main | DPAM >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
フンガくん
最近の娘のお気に入りはフンガくん
NHK教育でやっていた頃は興味無しの様子だったのに、おひさまの連載を読み出してからは気に入ったもよう。
折角なので、出版されている絵本を一気に借りて読んでいる。
ここのところフンガくん一色。
おひさま12月号でも真っ先に読んでといわれたのがフンガくん
本当にはまっているようだ。

最初はフンガくんとお母さんのお話だったのが、段々とお友達や従兄弟とのお話が多くなっている。
最初は絵本一冊くらいの連載を予定していたのかなと余計なことを考える。
ではなくて、フンガくんが成長してお母さんとだけのかかわりじゃなく、お友達や従兄弟とのかかわりが出てきたのかなともっともらしく考えてみた。

月刊誌の連載なので、お話も季節感があるし、季節のイベントや風物詩も盛り込んである。
娘には馴染みのない銭湯や駄菓子屋も出てくるし、小物もちょっと昭和チック。
12月号のおひさまでは、おばあちゃん家のお風呂は薪で焚いているし。
「これ何?これ何?」の問いに、答えに窮することもあるし、説明しても娘ポカーンのときもある。
そんなオマケ要素も多いので面白いのかもしれない。

最近のフンガくんにはこっそりパンやのろくちゃんが隠れているのでそれを見つけるのも楽しかったりする。
(娘 4歳4ヶ月)

フンガくん
作・絵:国松エリカ

ぶたの男の子フンガくんは好奇心いっぱい。
だけどちょっぴりわがままだから、お母さんを困らせてばかり。
さて、今日は何するの?
おこりんぼフンガくん
作・絵:国松エリカ

ぶたの男の子フンガくんとお母さんの毎日。
すぐに「フンガ、フンガ」と怒るけれど、ほんとうはとっても甘えんぼのフンガくん。
そんなフンガくんとお母さん、お友達やいとこ達との楽しい毎日を、四季折々の行事なども交えて描いた人気絵本シリーズの第2弾。
べそっかきフンガくん
作・絵:国松エリカ

わがままだけど憎めない子ブタくんのお話
「うわあ〜ん」誰の声かと思ったら、あれあれあれはフンガくん。
わがまま言って強がって、最期はいつもべそっかき。
わんぱく子ブタのフンガくんとお母さん、お友達との毎日は、どたばた楽しい。
人気シリーズ第3弾。
あまえんぼフンガくん
作・絵:国松エリカ

お母さんが大好きな子ブタの男の子のお話し
強がっているけど、ほんとうは甘えんぼうのフンガくんとお母さん、お友達との楽しい毎日を、ひなまつり、花火、遠足など、四季折々の行事を交えながら描きます。
お話雑誌「おひさま」の大人気シリーズの絵本第4弾。
くいしんぼ フンガくん
作・絵:国松エリカ

元気なこぶたのフンガくんの楽しい毎日。
「アイスのまき」「スケートのまき」「いもほりのまき」「おつきみのまき」に加え、書き下ろし「おはなみのまき」を掲載。
美味しそうな食べ物を前に、フンガくんはパワー全開で大活躍。

| 絵本(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://ohanashikiite.jugem.jp/trackback/248

このページの先頭へ