おはなしきいて。

大好きな猫と雑貨と手芸と絵本のこと

<< こぶたいたらいいな | main | ハウステンボス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ピヨピヨスーパーマーケット
どこかでみたことのある絵。
おひさまでみかけるセンシュちゃんとウオットちゃんの作者だった。

可愛いの一言につきる絵本。
まぁ、絵本と言うよりは漫画に近いという印象。
作者が漫画家でもあるからなのかもしれないが。
しばらく経って「あれ?どんな話だったっけ?」と内容は思い出せないような。
話としては特にうったえるものは無いかと。

バムケロもそうだけど、絵重視の見て楽しむ絵本。
かくれんぼしているひよこを見つけるのも楽しい。
これは娘の一番のお気に入り。
隠れてる姿も思わず笑っちゃうような可愛さだから、毎回娘と顔を見合わせて笑ってしまう。
お父さんが持って帰って来た花もその後色んな場所に飾ってあるし、お買い物してきた物でちゃんとご飯が作られている等、細かいところで楽しめる。

出版された頃に本屋でお薦めの絵本として大量に飾られているのを見たのだが、作者は横浜生まれ。
もしかしてあの辺り出身なのかなと勘ぐってしまう。

続編「ピヨピヨメリークリスマス」が出版予定のようだ。
(娘 4歳3ヶ月)

ピヨピヨスーパーマーケット
作・絵:工藤ノリコ
スーパーマーケットへおかいもの。ピヨピヨピヨ。きょうは、なにをかおうかな?ピヨピヨピヨ。たのしいな、うれしいな。ピヨピヨスーパーマーケット。2歳から。

| 絵本(その2) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://ohanashikiite.jugem.jp/trackback/240

このページの先頭へ