おはなしきいて。

大好きな猫と雑貨と手芸と絵本のこと

<< だいじょうぶかしらねずみくん | main | デトア社のこま >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
Lyra社のお絵かき道具
Lyra社 左:窓に描けるクレヨン 右:キッズ用魔法のマーカー
左が窓に描けるクレヨン 。右がキッズ用魔法のマーカー。

なんだか面白そうなので買ってみたのが、Lyra社 窓に描けるクレヨン
「これは窓に描くクレヨンなんだよ。」
まずは母が描いてみせる。
楽しい。
まっすぐ前を見たまま描けるし、何と言っても描くところが大きい。

娘も恐る恐る描いてみる。
娘は今まで落書き帳に描くのがせいぜいだったのだから、いきなりの大きなキャンパスに戸惑い。
でもすぐに慣れて窓いっぱいにお絵かき。

消すのも濡らした雑巾で軽く拭くだけという楽チンさ。
消すと直ぐ様やって来て描くので、うちの窓には常に娘の絵が描かれている。

窓にお絵かき
娘作「電車の走るところ」

欠点が一つ、折れやすい。
娘の扱いが悪いのかもしれないがすぐに数本折れてしまった。
大切に扱ってねっと言ってはあるが、無理だろうな。

ついでに同じLyra社 キッズ用魔法のマーカーも購入。
これは私が子供の頃に流行ったような。
色ペンで描いた上から魔法のペンを重ねると色が変わるというもの。

描いて説明するが娘はいまいち感動が無い。
もっと驚いて欲しかったのに。
その上、ペンを使うのが初めてだったので、魔法のペンの先を思いっきり掴んで爪で傷をつけてくれた。
ペン先がもげるよ。
魔法のペンは一本なんだからそれがなくなったら他のはただのペンだよ。

まだまだ娘にはクレヨンで充分だ。

| 娘のおもちゃ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://ohanashikiite.jugem.jp/trackback/188

このページの先頭へ