おはなしきいて。

大好きな猫と雑貨と手芸と絵本のこと

<< シロフォン2 | main | 配る!福袋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
さる・るるる
もう15年ほど前だろうか、この本を初めて見たのは。
当時見たときは本屋で平置きされていたので手に取ったと思うのだが、絵本だとは思っていなかったので、絵は可愛いけど、何だ?これは。っと言う感じで戻してしまった。

久しぶりに見たこの本は絵本の棚にあった。
そして、五味さんが描いたものだとわかった。
なるほど絵本としてみると素晴らしい。

全ての行動がさる・○るで表現されている。
読むと娘も一緒になって復唱してくれる。
うまい。
本当にうまく出来ている。
たった二文字だけの言葉で物語がちゃんと出来ている。

娘もいたく気に入ったようで、一人で読んでいる。
字はまだ読めないのだが、簡単なので覚えて読める。
「さる!・○る!」
なぜか非常に力を入れて読む。
そんな言葉なのかもしれない。

たまたま訪れた銀座の博品館にさる・るるるぬいぐるみが置いてあった。
娘よりなぜか喜んだ母だった。
(娘 3歳5ヶ月) 

さる・るるる
作・絵:五味 太郎

(DVD)さる・るるる
声の出演 清水ミチコほか
原作・監修・イラストレーション:五味 太郎

| 絵本(五味太郎) | comments(0) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://ohanashikiite.jugem.jp/trackback/131
かえるくんにきをつけて
見た目はかわいいかえるくん。 でも、何だかジャイアンみたいなかえるくん。 拍手を強要したり、質問出しといて「わかるか こんなもの!」っと逆切れしたり。 娘には理解できず。 二度と「これ読んで。」っと言われることはなかった。 五味さんの本は大概気に入る
| おはなしきいて。 | 2007/01/13 2:14 AM |
クリスマスにはおくりもの
まどからおくりものと一緒に借りた五味さんのクリスマス絵本。 こちらはシンプルなクリスマスの絵本。 クリスマス・イブの夜。 サンタクロースを待つ女の子は靴下を下げて眠りにつく。 そしてサンタクロースがやってくる。 サンタクロースの一連の流れが描かれ
| おはなしきいて。 | 2007/01/13 2:14 AM |
まどから☆おくりもの
クリスマス前に借りたクリスマスの絵本。 お正月を過ぎた今も大人気。 毎日、読まされる。 私が読めないときは一人でめくりながら覚えている内容をしゃべっている。 サンタクロースが窓から贈り物を配っていく話なのだが、このサンタがあわてんぼう。 窓から見え
| おはなしきいて。 | 2007/01/13 2:13 AM |
再び さる・るるる
娘がさる・るるるを気に入っていたので、続けてさる・るるるone moreとさる・るるるspecialを借りてみた。 さる・るるるone moreの方は前作同様さる・○るで作られたお話。 まだこんなに二文字の○るが有ったかっと関心。 最後はさる・るるる…で終わる。 さるの
| おはなしきいて。 | 2007/01/13 2:12 AM |
かぶさんとんだ
どいてよへびくんに引き続き五味さん。 ウィキペディアで五味さんを見てみたら簡単な説明しか載っていなかったけど、終戦の日の5日後に生まれていらっしゃる。 うちの母より年上だ。 大変な時期にお生まれになったんだな。 五味さん自身は絵本を読まれて育ったのか
| おはなしきいて。 | 2007/01/13 1:35 AM |
どいてよへびくん
五味太郎さんと言えば絵本の世界では有名な人だろう。 だけど今までなんとなく避けていた。 絵がいまいち好みではないと思っていたのだが、大きな間違いだった。 図書館へきんぎょがにげたを探しに行ったのだが、見つからず替わりにどいてよへびくんとかぶさんとんだ
| おはなしきいて。 | 2007/01/13 1:35 AM |

このページの先頭へ