おはなしきいて。

大好きな猫と雑貨と手芸と絵本のこと

<< クリスマス フェルト雑貨 | main | クリスマス アドベントカレンダー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
娘の靴
先週末、娘の靴を買いに銀座まで出掛けた。
靴だけは良い物をっと思っているので、娘に合った靴を探すべく下調べして出掛けた先は銀座ワシントン靴店
リコスタナチュリーノの取り扱いが多いとの情報だった。

娘の足は細く甲が薄い。
国産メーカーのものは大体横幅が広めに作ってあるので、娘の足には合わない。
娘の足に合う靴と良いシューフィッターを求めてお店巡りをしているが、未だに此処だっと言うお店に巡り合わない。

銀座まで出掛ける機会はここ数年まったく無いので、迷わないように場所を頭に入れて出掛けた。
迷わずたどり着いた銀座ワシントン 銀座本店B1に子供靴があるということだったが見当たらない。
大して広い店内でもないがグルっと一周して見ても無い。
どうして?っと思ったら別の場所に子供靴ショップ ワシントンジュニアがあることが分かった。
私が見たのは古い情報だったんだな。

歩いて数分のところにあるワシントンジュニアに移動して早速靴選び。
足のサイズを測ってもらい、細めの靴を出してもらう。
お店はこれまたさほど広くなく、個人経営のお店と良い勝負。
肝心の靴はリコスタの取り扱いは今まで見たお店の中では一番に多く、色も豊富。
反対にナチュリーノは種類が3,4種類くらいしか取り扱いがなく、珍しいアステアも種類は少なめ。
国産の靴も置いてあり、スクスクも取り扱いがあった。

出してもらった靴はリコスタにしては可愛らしい感じ。
見た目は非常に気に入ったのだがやはり甲の部分が合わない。
ベルクロで目いっぱい締めても浮いた感じ。
紐靴だともっときっちり締められるのだが、娘一人では履けないので園生活に支障が出てしまう。
やはりベルクロの方が良い。
色々と試すが合う靴は見つからない。

娘の足で一番気になっているのは足の親指の隣の指が浮いてしまっているということ。
以前、別の靴屋でフットプリントを撮って貰ったときにわかったのだが、これが未だに改善されていない。
娘の足は全体的には細いのだが、足先だけが広く扇のような足。
以前測ってもらったときのサイズは1Eと言われそれ以来細めを選んできたが、指に合わせてもっと大きいサイズを選ばないといけないのかと思えてきた。

リコスタに比べて幅広のナチュリーノ
両方の靴の中敷を合わせてみても少しだけ広い。
甲も高かったりするが、そこは何とか中敷を一枚足して、しっかりベルクロで抑えることにしてナチュリーノに決めた。
靴選びに疲れていたのも大きな決め手かも…。

以前買ったナチュリーノはどうもサイズがあって無いように思えて1ヵ月ほどで別のものを新しく買い直したのだが、あれは勿体無かった。
今回はちゃんとあってるといいな。

店員さんはシューフィッターではないのかな。
あまり詳しい感じもしなかったし、足のサイズも長さしか測ってくれなかったな。

まだまだ娘の靴屋探しは続きそうだ。

ナチュリーノ
| 娘の話 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://ohanashikiite.jugem.jp/trackback/107

このページの先頭へ